SWAINE ADENEY BRIGG
(スウェイン・アドニー・ブリッグ)イギリス
スウェイン・アドニー・ブリッグは、2つの老舗が第二次世界大戦中に合併したことが、今日の歩みの幕開けとなりました。スウェイン・アドニーは、1750年に創業された鞄、革小物を中心に王室御用達を勤める老舗。ブリッグは、1860年に創業した世界一を自負する傘メーカーでした。ブリッグは「一本で孫の代まで使える傘」をコンセプトに一世紀半にわたって、創業以来何ひとつ変らぬ品質を誇る製品を、職人の手作業によってつくりあげています。また、ブリッグの鞄に使用されるのは、もともと馬の鞍用に開発されたブライドルレザーです。独特のヌメリ感が魅力で、時間が経過するにつれてツヤがでて、重厚な雰囲気が高まっていきます。ブリッグが使用しているのは、世界でもトップクオリティの革質を誇るもので、手入れを怠らなければ、使用するたびに革自体に味が出て、独特の雰囲気を醸し出す10年後の鞄と言われています。