GLOVERALL(グロヴァオール)イギリス
グロヴァオール社の前身であるモリスファミリーは高級注文服を主な仕事としていました。第二次世界大戦の終了後、1951年に英国国防省の委託を受けて終戦で不要となったダッフルコートや手袋などを販売しました。するとダッフルコートは直ぐに売り切れてしまう人気だったため、自らダッフルコートの生産を開始し、社名も“グロヴァオール”としました。ダッフルコートの起源は、ノルウェーなど北欧の漁師が作業着として着ていたもので、17世紀に生まれたという説が有力とされています。ベルギーの港町ダッフル産の厚手の紡毛生地を用い、丈は動きやすいようにコートとしては短めの膝丈で、フードは造りつけになっており、フロントはトッグルと呼ばれる木製のボタンを麻のロープに引っ掛けるようにして留めます。手袋を着けたまま、ボタン掛けが出来るという猟師ならではのニーズを満たしています。同様の理由からパッチポケットは大振りです。後にその防寒性能と機能性から二度の世界大戦で英国海軍に正式採用されました。